天気予報

25

20

みん経トピックス

PR

J2町田、京都と引き分け相模原で「市民大学」開校

「買物金額、月2万円未満」半数 町田商工会議所が「消費の需要動向」調査

「買物金額、月2万円未満」半数 町田商工会議所が「消費の需要動向」調査

調査結果を解説する坂田准教授

写真を拡大 地図を拡大

 町田商工会議所は2月末、町田市消費者需要動向調査の結果を公表。きわめて低い客単価やチェーン店志向などの特徴が明らかになった。

 調査は1月中旬にウェブ上で実施。対象は30~60歳代の1272人(男性6割、女性4割)。居住地は町田市が7割、相模原市が3割。買物や外食、情報の集め方などについて回答を得た。

 同会議所で2月29日に開かれた報告会では、調査分析に関わった桜美林大学の坂田淳一准教授が登壇。消費行動の特徴として「地元中心の買い物」「きわめて低い客単価(月2万円未満が5割)」「低価格志向」「チェーン店への傾倒」「外食の厳しさ」などを挙げ、「顧客のライフスタイルを踏まえたターゲット設定」「インターネットによる価格情報の発信」「価格と価値の明確化」などの取り組みが重要であると解説した。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

スポーツ雪合戦の参加者は専用器具による雪球づくりも体験した。(関連記事
[拡大写真]

VOTE

あなたが読みたい記事はなんですか?

アクセスランキング