暮らす・働く

小田急町田駅に「無人チェックイン・鍵管理システム」初導入 民泊・シェアリング利用見込む

KEY STATION

KEY STATION

  •  
  •  

 小田急電鉄は9月25日より、簡易宿所や民泊施設などの鍵の受け渡し利用を想定した無人チェックイン・鍵管理システム「KEY STATION」を小田急線の下北沢駅と町田駅に設置する。

 「KEY STATION」は、キーボックスなどのデバイスと連携した鍵管理システムと本人確認システムが

[広告]

セットになったシステム。貸したい(提供したい)人と利用したい人の間に生じる時間的・物理的な乖離を、ITとIoTの技術を利用して解決する。

 旅館業法と住宅宿泊事業法に対応した宿泊施設のチェックイン機能を備え、主に簡易宿所や民泊施設などの鍵の受け渡し利用を想定するほか、マンスリーマンションや賃貸物件の内見、シェアオフィス、家事代行、カーシェアなどの活用を見込む。

 2016年7月にサービス開始し、設置場所は都内のコンビニエンスストアを中心に拡大しているが、鉄道駅の設置は初めて。訪日外国人旅行客の民泊需要などを踏まえ、下北沢駅と町田駅に設置。コインロッカーなどの設備と併せて旅行者の利便性を高めるという。

 町田駅の改札外コンコースに10月中旬、導入予定。利用時間は始発から終電まで。

  • はてなブックマークに追加