食べる 暮らす・働く

JR町田駅に「スペシャルティコーヒー」スタンド-券売機の空きスペース活用

猿田彦珈琲で研修を受けたスタッフが注文を受けてからドリップする

猿田彦珈琲で研修を受けたスタッフが注文を受けてからドリップする

  • 0

  •  

 JR町田駅中央改札前に2月6日、コーヒー店「Coffee Jr.(コーヒージュニア)MACHIDA」がオープンした。運営はJR東日本リテールネット。

自動券売機跡地を活用したコーヒースタンド

[広告]

 自動券売機跡地を活用した同社のオリジナルブランド1号店。JR東日本横浜支社が進める「横浜線沿線活性化」の一環の取り組みで、「コーヒーを楽しみながら、地元の逸品や街のトピックスが再発見できる。新たな街の玄関口」をコンセプトとする。

 店名には「Jr.=次世代」まで末永くファンになってほしいという思いを込めた。「駅構内で地元の農産品を販売するマルシェを開いていたが、短期的な取り組みだった。コーヒー店とすることで経済性の面でも継続できる」と店舗開発担当者。

 店舗面積は約16平方メートル。駅周辺に数多くあるカフェとの差別化を図るため、恵比寿で人気を集める「猿田彦珈琲(コーヒー)」の高価格帯コーヒーを導入。町田市名産品のフードを取りそろえるほか、市内の観光情報も提供する。

 メニューは、スペシャルティコーヒーらしさが味わえるという「Jr.ブレンド」、酸味を抑えて苦味を強めにした「町田ブレンド」(以上、ショート400円)といったドリップコーヒー、モーニングコーヒー(同300円)、玉川学園のハニーラテ(500円)など。豆の販売も行う。

 サイドメニューに、町田の老舗米店「きゅうさん」の手握りおむすび(170円~)、かとうさんのぷりん(310円~)、岡直三郎商店の醤油(しょうゆ)あいす(288円)などを取りそろえる。店舗開発担当者が、個人商店や養鶏場などを回ってセレクトしたという。

 今後のブランド展開について、「同店の状況を見て判断する」と担当者。「Suicaの普及でスペースが空いてきた郊外駅での展開が考えられる。駅利用者だけでなく、買い物客にも立ち寄っていただきたい」とも。

 営業時間は7時30分~21時30分。

※2018年3月11日閉店

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース