特集

ここにはたしか!
♯046 香港亭、熊澤商店、SSSグラウンド

  • 0

  •  

町田在住のライター&編集者の多田洋一さんが、「町田のちょっと懐かしい」を訪れ、今はなき店や出来事に思いをはせる、ゆるノスタルジー系連載。

♯046 香港亭、熊澤商店、SSSグラウンド

こんにちは、多田洋一です。本に関わる仕事をしていて、町田市在住。3月末以来の更新ですが、この間、私が発行人を務める文芸創作誌「ウィッチンケア」の第11号が無事、世の中にリリースされました。久美堂本店などでも入手できますので、ぜひ手にとってみてください! ええと、それで、前回からビートルズの話をしています。今回は1980年のこと。まず1月にポール・マッカートニーが日本にきて、成田空港で現行犯逮捕されちゃいました(大麻取締法違反)。東京都港区の留置施設に入れられて、留置番号で「22番」と呼ばれていたとか。この「22番」について、Y.M.O.が音楽で残しているんですよね。「ナイス・エイジ」という曲の途中にナレーションが入って、そこで「ニュース速報 22番は今日で一週間経ってしまったのですけれども~」って。なんか、ひどい話なんですけれども、でも1980年はもっとひどいことがあって、それは12月...ジョン・レノンについては次回書くつもり。 

今回の写真を見て「ああ、本町田原児童公園のところだね」とわかるのは、ご近所の方だけでしょうか? ちょっと、撮影していて不審者と思われないかドキドキしました。でっ、この坂を電信柱沿いに降りていくと、赤いのぼり旗が目立つ中華料理「めんくい」があって、左折すると町田消防署までもう少しという場所。私のいまの生活導線的には、鎌倉街道のカノン動物病院のところの三叉路(むかしは近くに宇奈月クリーニングがあった)を左折して木曽町方面へ抜ける途中、中華料理「香港亭」と「木村内装」の先の信号をちょっと右に入ったところ、という感じです。...香港亭は、数年まえにトラディショナルな中華そばをいただきましたが、最近はクルマで通りがかっても赤い暖簾が出ていないことが多いなと思っていたら...ご高齢のため店じまいと伺いました。そして木村内装の場所は、かつては店頭にアイスクリームのケースがある熊澤商店(♯011で書いたのとは別)ではなかったかしら。 

話を戻して、なんで本町田原児童公園付近の写真を撮ったのか? 私の記憶だと、ここを電信柱沿いに下降せずまっすぐに進むと、左側にサッカーの練習場があったんですよね。今回訪ねてみたら瀟洒な住宅街の先にはまだ草むらが広がっていて、紋白蝶がひらひら。さらに進むとリカーショップ セキグチがあって、あの周辺はサッカーの練習場ができるまえから開けていたけれども、その手前にあったサッカーの練習場は、さて、いつまであったのか? おそらく、北澤豪さんの世代はここにあったグラウンドでも練習をしていたはずで…。 

当コラムの♯004(2017年4月)で「SSS(スリーエス)」と「琥珀」についてちょっと書いて、「このへんの話は、またいつか機会があれば、あらためまして!」にしていたんですけれども、そろそろもの忘れも激しくなってきたので、まだ覚えているうちに書いておきます。私が町田第三小学校の4年生(1969年)のある日、クラスでサッカーチームをつくることになって、スポーツが苦手だった私も親の転勤で福岡県にいくまで(~1971年3月)参加していました。メキシコ五輪で日本が銅メダルを獲得。テレビアニメでも梶原一騎原作の「赤き血のイレブン」が放映──しかし昭和は野球(巨人の星)もボクシング(あしたのジョー)もプロレス(タイガーマスク)も恋愛(愛と誠)もみんな梶原! ──されて、盛り上がっていたんですよね。 

町田サッカー協会オフィシャルサイトの【沿革】や北澤さんのネット上にあるインタビューと照らし合わせてみると、そのときの1クラスで発足したSSSが、後の町田SSSのプロトタイプだったようです。【沿革】には1973年に〝SSS専用サッカー場が完成〟という記述がありまして、これが当時の通称「SSSグラウンド」(口語の発音だと当時はほぼ〝グランド〟w)。ちょっと、私だけのいいかげんな記憶だけで書くわけにいかないトピックなので、小学校の同級生にも電話して確認しました。もともとは三小児童の保護者関連の桑畑(私有地)をご厚意で借り受け、市役所にも届け出たうえで学校関係者(OBなども)、ボランティアの保護者が練習場に改修したそうです。 

1970年代半ば、町田は「少年サッカーが強い町」として全国的に有名になっていって、いつだったか福岡でテレビを観ていたら、よみうりランドでの少年サッカー決勝戦の中継で、町田代表チームの監督が三小時代の担任の佐藤祐治先生で、びっくりしましたよ、ほんとに。先生が映ったことに驚きすぎて、そのチームがSSSだったか、FC町田だったかを思い出せない自分が情けない、すいません。そしてSSSグラウンドですが、1986年に借主に返却することになり、練習場は宅地へと変わっていった、と。

♯004ではSSSの名前由来についても書きました。現在、公式には「Speed」「Sharp」「Spirit」にアップデートされていますが、私が末席にいたプロトタイプ型のころは「サッカー」「佐藤先生」、そして4年「3組」でSSS。少しして「3組」の児童だけじゃなくなって「三小」でSSS、だったはずでございます。私の親の転勤は4年で終わり、1974年の秋に町田第一中学校に戻ってきました。そのころにはもう、町田のサッカー・コミュニティはすっかり強固なものになっていました。...ということで、当時のレガシーの面影が残っているみたいな紋白蝶の草むらも撮影。もし通りがかることありましたら、「ここに〝グランド〟があったのか」と思いを馳せていただければ幸いです。 

【プロフィール】 
多田洋一(ただ・よういち) 
フリーランスのライター&編集者。雑誌での取材や映画/テレビドラマのノベライズ等。2010年より年1回、個人主宰の文芸創作誌「ウィッチンケア」を発行。第11号は2021年4月1日に発行! 
http://witchenkare.blogspot.com/ 
  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース