天気予報

3

1

みん経トピックス

町田市がご当地ナンバー交付石田ショーキチさん地元公演

町田の文学館で「きのこ×文学」展-飯沢耕太郎さんトークも

  • 0
町田の文学館で「きのこ×文学」展-飯沢耕太郎さんトークも

不思議な力と大いなる秘密が隠されているキノコ。絵本や童話に頻繁に登場する赤地に白い水玉のかわいらしいベニテングダケには昔から幻覚作用が認められている。 ©玉木えみ

写真を拡大 地図を拡大

 キノコが登場する作品を紹介する「〈きのこ×文学〉ワンダー★ランド」展が7月20日より、町田市民文学館ことばらんど(町田市原町田4、TEL 042-739-3420)で開催される。

 キノコをかじったアリスの身体が急激に伸び縮みする「不思議の国のアリス」など、キノコは小説や詩、戯曲、エッセー、漫画、絵本などに登場。宮沢賢治、萩原朔太郎など近代日本を代表する小説家や詩人も「きのこ文学」を手掛けている。

 同展では、泉鏡花「茸の舞姫」、夢野久作「きのこ会議」、宮沢賢治「朝に就の童話的構図(アリときのこ)」など、キノコが重要な役割を果たす小説・童話や、萩原朔太郎、八木重吉、まどみちおらの詩作、シートン「旗尾リスの冒険」などキノコを媒介に繰り広げられる児童文学作品を中心に紹介。

 キノコ図鑑や大型模型、ジョン・ケージや草間弥生さんのキノコアート作品、グッズなど周辺資料も取りそろえ、多彩な「きのこワールド」を紹介する。

 関連イベントとして、「きのこ文学ワンダーランド」(DU BOOKS刊、7月下旬発売予定)を手掛けた、きのこ文学研究の第一人者・飯沢耕太郎さんとイラストレーター・玉木えみさんが「きのこ愛」について熱く語る大人向けトークショー、キノコ観察会、キノコクッキング、ディズニー作品の上映会、創作ワークショップ、絵本の読み聞かせ会などを予定する。

 観覧時間は10時~17時。入場無料。月曜休館。9月23日まで。大人向けトークショーは事前申し込みが必要。町田市イベントダイヤル(TEL 042-724-5656)で8月1日12時より受け付ける。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

今シーズンのFリーグベスト5に選ばれた森岡薫選手。イゴールも選ばれた。(関連記事
[拡大写真]

VOTE

あなたが読みたい記事はなんですか?

アクセスランキング