見る・遊ぶ 暮らす・働く

相模原市「マスコットキャラ」応募締め切り迫る-松本零士さんら審査へ

「応募数も日ごとに増えているが、松本零士さんの審査員決定を受け、さらなる応募数アップも期待している」と市の担当者

「応募数も日ごとに増えているが、松本零士さんの審査員決定を受け、さらなる応募数アップも期待している」と市の担当者

  •  
  •  

 相模原市は現在、市制60周年記念でマスコットキャラクターなどを募集している。
 キャラクターは、はやぶさ2の打ち上げや圏央道、リニア中央新幹線など全国の注目を集める中でのデビューとなることから、市の魅力を発信し、「相模原っていいね」と思ってもらえる、広く長く愛されるデザインに期待する。

 特別審査員には、淵野辺駅に「ギャラクシーパネル」を提供した漫画家・松本零士さんを迎える。「メーテルや鉄郎に負けない魅力的なキャラクターを期待している」と松本さん。

[広告]

 賞金は、最優秀作品(1作品)=10万円、優秀作品(2作品)=1万円。60周年のロゴマークも併せて募集する。締め切りは1月31日。キャラクターは2月の選考会で3~5点に絞り、4月の桜まつりで市民投票を行う予定。

  • はてなブックマークに追加