買う

「PHABLIC×KAZUI」秋冬コレクション展示会 町田で5シーズン目

デザイナーの瀧澤日以さん

デザイナーの瀧澤日以さん

  •  
  •  

 ドメスティックブランド「PHABLIC×KAZUI(ファブリック バイ カズイ)」が町田アトリエ(町田市森野2)で2017秋冬コレクションの展示会をスタートする。

町田で作られたことを記すタグ

 デザイナーの瀧澤日以さんは1979(昭和54)年生まれの相模原市出身。舞台・映画・PVなどの衣装制作に関わった後、同ブランドを立ち上げ、洋服を中心としたアパレルとアクセサリーを全国のセレクトショップで展開。5年前に青山から町田にアトリエを移した。

[広告]

 町田での展示会の開催は5シーズン目。バイヤー(仕入れ担当者)、プレス(広報担当者)、顧客向けに開く。秋冬は、「自動車整備工のワードローブ」をメインテーマに据えて服飾コレクションを展開。ビジュアル・デザインは、元「POPEYE(ポパイ)」副編集長の北原徹さんが手掛けた。

 瀧澤さんは、大橋トリオや中村佳穂さんUQiYO(ウキヨ)らミュージシャンの衣装制作やスタイリング、舞台衣装などに関わることで知名度を高める一方、地元クリエーターとのコラボレーションにも取り組む。展示ラックは、町田にアトリエを構える家具デザイナーの作品を使用。展示用サンプルの多くを市内で制作し、定番バッグの持ち手の革製品は地元作家が作る。商品価格はシャツ=1万円~、パンツ=2万円~、コート=5万円~。

 展示会は、町田を皮切りに都内、全国各地で開く予定。商品は受注生産で、限られた店舗でしか手に入らない。アパレル不況のなか、「好きな仕事しかしない。生き残れる規模でやってきた」(滝澤さん)が次のステップに向けて、「海外への参加も視野に入ってきた」と明かす。

  • はてなブックマークに追加