見る・遊ぶ

町田駅前に新ライブハウス「CLASSIX」 地元バンドマンが出店

楽器奏者もライブパフォーマンスができるように広くしたいうステージ

楽器奏者もライブパフォーマンスができるように広くしたいうステージ

  •  

 JR町田駅前に4月1日、ライブハウス「町田CLASSIX(クラシックス)」(町田市原町田1)がオープンした。経営はロングアイランド(同)。

オーナーの長島啓介さん

 元音楽スタジオを全面改装。同社社長の長島啓介さんは町田市出身で、ロックバンド「MINOR LEAGUE(マイナーリーグ)」のギタリスト。本厚木のライブハウスで店長を12年間務め、同スタジオ閉店を機に地元での開業を決めた。

[広告]

 「暗い、汚いというライブハウスのイメージを変えたかった」という店内は、明るくナチュラルな印象。立見200人収容のライブスペースとバースペースを区画し、バーのみの営業も可能とした。ステージや控室を広くするなどバンドマン目線での使いやすさにも配慮したという。

 出演バンドは、ブッキングだけでなく時間貸しもする。「店名に込めた『クラシックス(一流)』の思いで、ジャンルにこだわらずいい音楽を世の中に出していきたい。自社レーベルを持っているので、CDやPV制作、全国流通などバンドマンに必要なことは全て提供していく」と長島さん。

 オープン月は週末を中心にLAST ALLIANCE、WRONG SCALE、LINGUA FRANCA、ガチャリックスピンなどが出演を予定する。

相模原町田経済新聞VOTE

あなたが読みたい記事はなんですか?