天気予報

27

16

みん経トピックス

特集

エリア特集2017-02-09

おおるりファームの有機栽培はつらいよ♪
#008 こんな野菜は要りません

  • 0

有機栽培に取り組む日本の農家は0.4%と、ヨーロッパ(40%以上)に較べて圧倒的に少ない。町田市小山町で、遊休農地を活用した無農薬野菜の栽培に取り組む「おおるりファーム」の青木瑠璃さんが、日々の奮闘と収穫の喜びを伝える連載コラム。

#008 こんな野菜は要りません

有機野菜に対するイメージはどのようなものですか?高い、一部の富裕層が食べているもの、今のところ買う気がしない、でしょうか?これは正直な感想だと思います。

なぜ有機野菜を食べないのか?というと、高いから、売っていないから、と言われます。

有機野菜を生産してきて4年目になりわかってきたことがありますのでお伝えいたします。

一つ目の問題点は、虫がいる可能性についてです。昔は田舎にいたから、虫なんて当たり前でしょう!という方を除き、もしあなたがスーパーで買った野菜に虫が入っていたらどうでしょう?捨てますか、訴えますか?流通に適合しないことがわかります。

二つ目の問題点は、本当に有機野菜を求めているのかということです。何も知らない場合には、日本の野菜は世界一安全だろうと皆思っています。何でスーパーで買った野菜がいけないのか?わけがわかりません。

私が美術作家をしていた時代、野菜が安全かどうか考えたかといえば、まったく考えていませんでした。生産しないとわからないことがたくさんあります。日本の野菜は安全とは言えない、生産者になって初めてわかりました。

最近は本当のことをお伝えするように心がけています、選択するのは常に消費者です。どうぞ自由に選択していただけたらと思います。

国連食糧農業機関のオンライン統計データベース(Faoftat 2013.8.4)によると農薬の使用量で、日本は、中国、韓国に次ぎ、第3位です。ほとんどの日本人が知らない事実です。知らないということは、恐ろしいことなのでここにお知らせしておきます。農薬の使用量は今も規制緩和されており、私たちの想像に反して増えています。それは、美しい野菜を食べたいと言った私たちの欲望を反映した結果でもあるように思います。

アメリカとか、中国の野菜はなんとなく問題がありそうだと思っている方、ぜひ日本の野菜も問題があるかもしれないといった目で見ていただけたらと思います。

知らないで買っているのと、知りながら買っているのとでは雲泥の差があります。

もっと怖い話は、次回に書きます。

※ご意見、ご質問もぜひお寄せください。今日もお読みいただきありがとうございました!

無農薬で育った大根 たまに黒い点があります

前回のコラム→#007 畑にお客さんがやってきた!

【プロフィール】
都内では初となる農地あっせん事業(農地利用集積円滑化事業)が町田市で始まったことを機に、世田谷区からの移転を決意。農業研修を受け、それぞれイラストレーター、デザイナーから農業の道に飛び込んだ。農薬と化学肥料を使わずに野菜を育てることにこだわり、東京都が認める「エコ100」を取得している。ウェブサイト

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

古物百貨店「A.T.P」代表の富岡栄二さん(右)と店舗スタッフ(関連写真
[拡大写真]

VOTE

あなたが読みたい記事はなんですか?

アクセスランキング