見る・遊ぶ

和光大学が創立50周年 OB「在日ファンク」ライブ&トークも

在日ファンクトークショー。左から有働文子さん、堂前雅史教授、浜野謙太さん、久保田森さん、仰木亮彦さん。

在日ファンクトークショー。左から有働文子さん、堂前雅史教授、浜野謙太さん、久保田森さん、仰木亮彦さん。

  •  

 和光大学(町田市金井町)で11月1日、創立50周年式典が開かれ、同大卒業生らが在学中に結成したファンクバンド「在日ファンク」がライブとトークショーを行った。

地元ネタを交えたライブ

 在日ファンクはメンバー7人のうち、浜野謙太さん(ボーカル)、仰木亮彦さん(ギター)、久保田森さん(トロンボーン)の3人が同大卒業生でジャズ研究会の出身。和光高校の卒業生を含めると半分以上が和光出身という。バンド名は、ジェイムズ・ブラウンから流れをくむファンクを日本に在りながら再認識しようと命名。

[広告]

 ライブでは自虐的なトークも交えて、「キズ」「爆弾こわい」「根にもってます」などを熱演。納豆製造会社「かじのや」、「和光虫」などの地元ネタや新曲も披露した。

 浜野さんの指導教官だった堂前雅史教授、アナウンサー有働文子さんも加わったトークショーでは、「ももいろクローバーZ・有安杏果さんのシングル曲の作詞に同教授の指導が役立った」(浜野さん)、「ゼミの自己紹介で、浜野さんがお尻を振りながらジェームス・ブラウンへの愛を語った」(堂前教授)などのエピソードを披露。

 「いろいろなことができる時間がある。興味があることをやって、恋をしてエンジョイしてほしい」(仰木さん)、「みんなと違うことが和光の強み。まさに『異質力』。たくさんの人と出会って、深い仲になって共に人生を歩んでほしい」(久保田さん)、「企業の役に立っているかが大学ランキングの指標になっているが、クソ食らえ。役に立たないことが知的に楽しい。結果的に役に立つこともある。大学には素晴らしい先生がたくさんいる。学ぶことがいっぱいある」と在校生らに呼び掛けた。

 同大は1966(1966)年、「大学が個性を持つことが考えられない、マスプロ教育がすう勢の時代に抗して」(古関彰一・和光学園理事長)、「小さな実験大学」をスローガンに創立。「人間関係学科」を前面に掲げて教養教育を重視してきた。今年4月にユニバーシティ・アイデンティティー「異質力で、輝く。和光大学」を導入している。

 卒業生には、ユナイテッドアローズの創立者の栗野宏文さん、俳優・小説家・映画監督の大鶴義丹さん、料理研究家・事業家の栗原心平さんなどの著名人を輩出。ミッキー・カーチス、早川義夫(ジャックス)、栗原努(リトル・クリーチャーズ)、石川浩司(たま)、田島貴男(オリジナルラブ)、加藤有加利、新津由衣(以上、RYTHEM)、ROY、TAXMAN(以上、THE BAWDIES)などのミュージシャンも多い。

相模原町田経済新聞VOTE

あなたが読みたい記事はなんですか?