暮らす・働く

町田市が「町田ナンバー」導入検討 ご当地イラスト入りプレートも

導入済みの原動機付自転車第一種(50CC以下)のオリジナルナンバープレート

導入済みの原動機付自転車第一種(50CC以下)のオリジナルナンバープレート

  •  

 町田市は現在、自動車用ナンバープレートに地域名とイラストを表示する「ご当地ナンバー」と「地方版図柄入りナンバープレート」の導入を検討している。

 ご当地ナンバーが導入されると、新規登録や移転登録などで新たにナンバーが交付される際は「町田ナンバー」などとなり、「多摩ナンバー」は選択できない。

[広告]

 地方版図柄入りナンバープレートは、図柄に地域の特徴を表現したもの。寄付金ありはフルカラー、寄付金なしはモノトーンとなる。現行の無地のナンバープレートも選択できる。寄付金は町田の地域交通のサービス改善や観光振興などに活用するという。

 市は本年度中に導入を国へ申し込み、来年12月末までに図柄を決定する予定。新しいナンバープレート交付は2020年度。導入を検討する政策経営部企画政策課の担当者は「市民らのニーズを把握し、検討を進めていきたい」と話す。

 町田市は2013年、原動機付き自転車の「ご当地ナンバープレート」を交付している。