天気予報

22

19

みん経トピックス

アメフト相模原ベスト8終戦町田で酉の市フェス

町田ゼルビア、ホーム最終戦で黒星 J2残留も入場者数低迷

町田ゼルビア、ホーム最終戦で黒星 J2残留も入場者数低迷

ゼルビア選手とゴール裏のサポーターらでホーム最終戦の記念撮影

写真を拡大 地図を拡大

 J2リーグ第41節が11月12日、町田市立陸上競技場で行われ、FC町田ゼルビアはレノファ山口FCに0対1で敗れた。入場者数は5478人。

役目を終えた電光掲示板

 今シーズンのホーム最終戦。J2昇格同期の山口はJ2残留を争う21位、町田はすでに残留を決めている。試合は山口が主導権を握り、前半に先制点をあげる。町田は後半、MF戸高弘貴選手とFW鈴木孝司選手を投入し、前がかりに攻めたが得点には至らず。勝利した山口は降格圏を脱した。

 試合後のセレモニーで相馬直樹監督は「簡単なシーズンではなかったが、来季もJ2で戦えることに満足している。前に進んでいくために、私自身しっかりと反省し、J1に上がる力をつけていきたい」と挨拶した。相馬監督は来季もチームを率いることが決まっている。下川浩之社長は、山口が残留できるようにエールを送ったが、「勝ってくれてありがとう」という言葉にゴール裏から抗議のブーイングが起きた。

 町田はホームで7月16日以来未勝利、今シーズンのホームでの成績は4勝10敗7分。試合開催日の悪天候、ネット生中継の開始も相まって、平均入場者数は4056人と低迷。昨年の5123人、目標の7000人を大きく下回った。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

JR横浜線連続立体交差事業と関連性が大きい相模原駅周辺のまちづくり(関連記事) 出典 JR横浜線連続立体交差事業に係る調査結果取りまとめ報告書(概要版)平成30年3月相模原市
[拡大写真]

VOTE

あなたが読みたい記事はなんですか?

アクセスランキング