天気予報

10

1

みん経トピックス

町田で「官能都市」講演キック王者が団地で開校

ノジマステラ相模原、2018新体制を発表 元日本代表「ベテラン選手」初加入

ノジマステラ相模原、2018新体制を発表 元日本代表「ベテラン選手」初加入

菅野監督、田中選手、久野選手、大野選手(写真左から)

写真を拡大 地図を拡大

 なでしこリーグ1部に所属するノジマステラ神奈川相模原は2月10日、2018シーズン新入団選手記者会見をアリオ橋本(相模原市緑区大山町1)で開いた。菅野将晃GM兼監督は「新たな歴史を築けたといえるシーズンにしたい」と抱負を明かした。

新体制のメンバー

 創設時からチームを引っ張ってきた選手が多数引退し、「変革」をスローガンに掲げる今シーズン。若手選手中心の相模原が初めて、元日本代表FW大野忍(INAC神戸レオネッサ)とGK久野吹雪(伊賀FCくノ一)という神奈川県出身のベテラン2選手を獲得した。

 菅野監督は「クラブが次の段階に登るとともに、実績のある選手を迎え入れられるようになった。なでしこリーグの発展に貢献できるようなクラブになるという表明でもある」と説明。

 「ベテラン、レジェンドと言われたが、ステラの選手から学ぶこともある。一緒に成長しながらいいチームをつくっていきたい」と大野選手。久野選手は「若い選手のなかで、ベテランはしのさん(大野選手)と私だけ。新加入ながらチームをしっかりと引っ張っていきたい」と話す。

 そのほかの新加入は、FW田中萌(めばえ)選手(神奈川大学)とMF松原有沙選手(早稲田大学)。両選手はインカレ決勝でしのぎを削った。田中選手は皇后杯準決勝前のステラとの練習試合に出場。「ステラは細かなパスを繋いでいく前線の崩し方がおもしろかった。その中で力が発揮できるように頑張りたい」と話す。松原選手は学業を優先して欠席。

 キャプテンは唯一の創設時メンバーとなったDF吉見夏稀選手が務め、新加入4人と継続17人の計21人でシーズンを迎える。

 山内渉代表は「菅野マジックで優勝を含む5位以内に入ることを目指す。初めて刷新したユニホームの袖には『相模原市』の名称を加えた。ステラが市民とともに輝いていければ」と期待を込める。

 リーグ開幕戦は3月21日。ホーム初戦は3月25日、マイナビベガルタ仙台レディースと対戦する。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

Krush63キロ級チャンピオンの佐々木大蔵さんが格闘エクササイズレッスンを開講した町田山崎団地の商店街(関連記事
[拡大写真]

VOTE

あなたが読みたい記事はなんですか?

アクセスランキング