暮らす・働く

京王相模原線、消費増税後の運賃「値下げ」へ 加算運賃の引き下げで

橋本から新宿・渋谷までの運賃。加算運賃の引下げの対象区間(京王堀之内~橋本)では、消費税率引上げに伴う改定分を含めても、現行運賃から値下げとなる。

橋本から新宿・渋谷までの運賃。加算運賃の引下げの対象区間(京王堀之内~橋本)では、消費税率引上げに伴う改定分を含めても、現行運賃から値下げとなる。

  •  
  •  

 京王電鉄は7月2日、消費増税後の鉄道運賃を発表した。橋本駅や多摩境駅から都内へ向かう場合、相模原線の加算運賃引き下げが同時に行われるため、運賃は値下がりする。

加算運賃の比較

 相模原線の京王多摩川~橋本は、新線の建設費用に充てるため、乗車キロに応じた加算運賃が設定されている。現在の加算額は、大人普通=20~60円、通学定期(1ヵ月)=320~960円、通勤定期(同)=760~2,270円。

[広告]

 消費税率が8%から10%に引上げられる10月1日、2度目となる加算運賃の引き下げを実施。これにより、消費増税後の普通運賃は、たとえば新宿~橋本は420円(ICカード420円)から390円(同387 円)に、新宿~多摩境は380円(同380円)から350円(同346円)にそれぞれ値下がりする。6ヵ月の通勤定期では、新宿~橋本が6,800円、新宿~多摩境が6,860円、それぞれ値下がりする。

 相模原線は調布駅と橋本駅を結ぶ、路線距離22.6キロ。建設は1968年に始まり、1990年に橋本駅まで開業。翌年に多摩境駅が開業した。当初は、津久井湖エリアまで延伸する計画だったが、用地取得や建設費用の問題で実現しなかった。

  • はてなブックマークに追加