学ぶ・知る

「ヒロシマ」の記憶を継ぐ企画展 町田の平和記念事業で

平和のアクションに折り鶴を投票する展示

平和のアクションに折り鶴を投票する展示

  •  
  •  

 戦争を体験していない世代が「平和」について考える企画展が現在、町田市生涯学習センター(町田市原町田6、TEL 042-728-0071)で開かれている。主催は、同センターと任意団体・ヒロシマ「」継ぐ展実行委員会(以下、実行委員会)。

爆心地からの距離を町田の地図に図示した作品

 同センターが毎夏実施する平和記念事業。今年は、被爆三世が代表を務める実行委員会の企画が加わった。継ぐ展は、広島を起点に東京や横浜、仙台で開かれ、今年で5年目。「戦争を体験していない世代(第三世代)が、"ヒロシマ"を継いでいく方法を考える」ことを目的に据える。

[広告]

 会場には、戦時資料や被爆石材、原爆資料、「ヒロシマ」の記憶を継ぐ人のインタビュー、被爆建物の写真、アプリを使ったインスタレーションなどを展示。被爆体験伝承者の講演、アニメ映画「はだしのゲン」上映のほか、小学生対象の夏休み自由研究ワークショップ、被爆アオギリの木の描画、スタンプラリーなど参加型の企画も行う。

 実行委員会代表の久保田涼子さんは「ただ情報を受け取るだけではなく、自発的に過去の出来事を知り、学び、聞いて、考え、自分なりの答えを出していくきっかけとなる場所ができていると思う。大学生がサポートする自由研究ワークショップの、子どもたちの成果物はすばらしい。活動を通じて、話し合いや共有の場、関わる形が求められていることが分かった」などと話す。

 開催時間は8時30分~19時(展示により開始・終了時間が異なる、最終日は17時まで)。8月9日まで。

  • はてなブックマークに追加