学ぶ・知る

鶴川女子短期大学、「フェリシアこども短期大学」に改称 新校舎に移転も

新校舎のイメージパース

新校舎のイメージパース

  •  
  •  

 鶴川女子短期大学(町田市三輪町)を運営する学校法人明泉学園は9月20日、来年4月より同校の校名を「フェリシアこども短期大学」へ変更すると発表した。

 「鶴女(つるじょ)」の略称で親しまれた同校。新しい校名「フェリシア」は花の名前。花言葉は「しあわせ」で、こども、自分、社会の「しあわせ」を探究できる保育者になってほしいという思いを込めた。

[広告]

 新校舎は、建築家の隈研吾さんが設計。木材を多用した温かみのあるデザインで、滑り台やこどものアトリエなどの遊び心を各所に配置し、保育者の養成校らしさを出したという。

 「短大周辺の自然の中で過ごすことで、自然の音、香り、手触りなど、これまで意識したことがなかった感覚を養い、五感をみがくことができる」と広報担当者。「私たちは今一度原点である『愛の教育』に立ち返り、これからも様々な保育現場・社会で活躍する保育者の養成を目指したい」とも。

  • はてなブックマークに追加