見る・遊ぶ

町田・芹ヶ谷公園で光アートプロジェクト 郊外型都市公園テーマに

芹ヶ谷公園で行われたデモンストレーション

芹ヶ谷公園で行われたデモンストレーション

  •  
  •  

 桜美林大学は現在、再整備が進む芹ヶ谷公園で光のアートプロジェクトを企画している。来年の本番に向けて11月23日、同公園でデモンストレーションが行われた。

 プロジェクトは、同大学ビジュアル・アーツ専修の田中敬一教授が取り組む、これからの都市型公園のあり方を考える授業の一環。

[広告]

 学生8人が参加し、企業の協力を得て、公園内のせせらぎの水流に合わせて点滅するLED、水辺を照らすサーチライト、ミストの噴出機などを設置。柏原エリナさん制作のライトモードアートとともに、「深山幽谷」のイメージを演出した。

 「湧き水があり、ホタルが出現する自然豊かな芹ヶ谷の、都市部の公園とは異なる公共環境空間を生かしたい」と田中教授。来年1月25日・26日に一般公開を予定する。

  • はてなブックマークに追加