見る・遊ぶ

高さ3メートル「ど根性ツツジ」 道路脇で満開

ど根性ツツジ(2021年5月1日撮影)

ど根性ツツジ(2021年5月1日撮影)

  • 83

  •  

 町田・昭和薬科大学近くの道路脇で「ど根性ツツジ」が満開を迎えている。

 ど根性ツツジは、市道脇の植樹帯に植えられたヒラドツツジ。電柱を支える鉄線の黄色いカバーに隠れて大きく生長したが、花の重みで今にも倒れそうになっていたツツジを町田市が7年前、「倒すわけにはいかない」と鳥居の形をした支え丸太で幹を直立させた。

[広告]

 手厚い保護を受けたツツジは幹を太らせ、交通標識の高さほどの約3メートルまで成長。今年は幹の部分にも花をつけ、華やかさを増している。

 市内のど根性ツツジは、木曽市営住宅の近くでも見ることができる。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース