食べる

相模原の養鶏場が「カフェ併設」直売店-パンケーキメーンに

同園の養鶏場でとれた卵を使用するパンケーキ

同園の養鶏場でとれた卵を使用するパンケーキ

  •  

 養鶏や自家製プリンなどの販売を手掛ける小川フェニックス(相模原市南区麻溝台5、TEL 042-742-6621)が2月14日、直売店&カフェ「Sweet eggs(スイートエッグス)」をオープンした。店舗面積は約100坪。席数はソファとテーブル合わせて38席。

直売店&カフェの外観

 50年ほど前に創業した同園。ブランド卵「鳳凰卵」や野菜を生産しているが、飼料代の値上がりを受けて近年は、さがみはらスイーツフェステバル・グランプリ受賞の「サツマイモのブリュレ」などスイーツにも力を入れている。初のカフェ出店にあたり、「モトヤ」「ノイン・シュプラーデン」などに務めていたパティシエ歴25年の料理長を迎えた。

[広告]

 主なメニューは、チョコバナナパンケーキ、パンケーキカラメルムース添え、食事パンケーキ(全て750円)、サンドイッチ、ソフトクリーム(以上280円)。ゆで卵は食べ放題。ドリンクは、ブレンドコーヒー(400円)、カフェラテ(420円)、オレンジジュース(300円)など。10個以上の卵購入客にはドリンクを半額にする。客単価は1,000円。

 直売店では生卵のほか、ニンジンやダイコン、ホウレンソウ、小松菜などの野菜、ロールケーキやカステラなどのスイーツを販売する。人気商品は「カフェを始めてから急激に売れるようになった」という数量限定のシュークリーム(6個までは1個90円)。

 今後の展開について、「パンケーキを軸に、オムライスや卵かけご飯など卵を使った食事メニューも提供できれば」と料理長。

 営業時間は9時30分~18時。パンケーキの提供は11時~15時。