3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く

広域町田圏の公示地価、6年ぶり上昇-駅徒歩圏の需要強く

昨年分譲された相模大野駅前の再開発マンション(総戸数308戸、分譲戸数267戸)は1期220戸が即日完売だった。

昨年分譲された相模大野駅前の再開発マンション(総戸数308戸、分譲戸数267戸)は1期220戸が即日完売だった。

  • 0

  •  

 国土交通省が3月18日に発表した今年1月1日時点の公示地価で、町田市と相模原市は商業地・住宅地とも平均価格がリーマンショック発生以来、6年ぶりに上昇に転じた。

 対前年比の変動率を見ると、町田市は住宅地が0.6%(前年 0.1%下落)、商業地1.4%(同 0.2%下落)、相模原市は住宅地が0.6%(同 0.3%下落)、商業地0.3%(同 0.5%下落)と全て上昇。

[広告]

 圏央道の開通、リニア中央新幹線の駅設置などで交通利便性が向上する相模原市は、全ての区で下落から上昇に転じた。「東京都区部、横浜中心部への利便性に優れ、特に駅徒歩圏では需要が強い」(国土交通省)。

 町田市の商業地の平均価格は63万7,700円。調布市に抜かれて市町村5位と2年連続で順位を落としている。住宅地の平均価格は15万2,000円で同21位。

 町田駅周辺では、多摩地区の商業地価格4位「野村証券町田支店」(町田市原町田6-3-9)が1平方メートル当たり220万円で前年より9万円アップ。同7位の町田駅前通り「三徳ビル」(原町田4-1-7)は同165万円で前年比1万円アップ。

 ぽっぽ町田、ブックオフなどが立ち並ぶ原町田中央通り沿いのビル(原町田4-5-8)は66万6,000円、相模原市内の商業地価格1位は相模大野駅前の商業ビル(相模原市相模大野3-14-11)の92万6,000円でいずれも前年よりも上昇した。

  • はてなブックマークに追加