暮らす・働く

相模原が舞台のアイドルアニメ製作へ-若手人気俳優が出演

  •  
  •  

 16人の女の子たちが相模原を舞台に夢をかなえるご当地アイドルアニメ「ツブ★ドル」の制作が決まった。

 「ツブ★ドル」は、等身大のどこにでもいそうな女の子たちが、ご当地アイドルという活動を通して相模原市に元気を与える物語。キャラクターの名前は、「大野さくら」「丹沢ふじの」「淵野辺ふたば」「津久井あゆ」など市内の地名から取った。相模原に実在する地域や特産品も紹介し、地域活性化に貢献する。

[広告]

 出演は、竹達彩奈さん、洲崎綾さん、内田真礼さん、東山奈央さんなど、ヒット作品の主役級を務める若手人気声優。アニメ・声優のファンにも期待できる陣容となった。実際に活動している相模原ご当地アイドルグループ「つぶつぶ★DOLL」のオリジナル曲も作品内に登場する。

 作品はオリジナルビデオアニメ全5話。第1話の完成予定は2014年秋。制作費は協賛金を募って賄う予定という。

 「相模原は発信力が弱い。アニメの力で地域貢献ができたら」とツブ★ドル制作委員会の照井さん。「相模原のためという趣旨に賛同いただき、声優さんをはじめ各方面の一流の方に関わっていただけた。作品を通して、相模原の子どもたちが夢を抱けるような参加型イベントや市民上映会なども検討したい」とも。

 制作発表イベントを4月6日、相模原市民さくら祭りで開催。特大サイズのハイビジョンカーで上映予定の内容を一部紹介するほか、ポスターを進呈する。

  • はてなブックマークに追加