天気予報

27

16

みん経トピックス

「メンタルケア」アプリ町田立体で渋滞緩和

町田に「生ビール」セルフ飲み放題店 「ドイツビール祭り」テーマに

  • 0
町田に「生ビール」セルフ飲み放題店 「ドイツビール祭り」テーマに

ドイツ民族衣装のスタッフ

写真を拡大 地図を拡大

 小田急町田駅前に8月4日、ビアレストラン「29 BEER FEST(ニーキュービアフェスト)」(町田市森野1、TEL 042-729-0088)がオープンした。運営は、全国で飲食店を展開するKIDS HOLDINGS(新宿区)。

17種類のセルフビアサーバー

 先月末にオープンした溝の口店に続く2店舗目。「毎日がオクトーバーフェスト!」をコンセプトに、ドイツのビールや伝統料理を提供。緑に囲まれた解放感のある店内でドイツ民族衣装のスタッフがゲストを迎え、ジャーマンバンドが生演奏する「屋内最大級の屋内型ビアガーデン」をアピールする。席数は283席。

 「ビアガーデン需要は伸びているが、天候に集客が左右される。居酒屋が撤退し始めているなか、広い店舗面積の飲食店(大箱)を活用する方法として『屋内型ビアガーデン』というスタイルに至った。ビールを1年中おいしく飲んでほしい」と鷲見宗馬社長。

 店内には、日本のビールやバスペールエール、レーベンブロイなどのサーバーが並ぶセルフカウンター、約30種類の料理が食べ放題のビュッフェカウンターを備えるほか、BBQプレートや手づくりソーセージなどのドイツ伝統料理を提供する。価格は、10種類の生ビールなどの飲み放題・食べ放題が付いた2,980円、3,980円(以上、120分)、4,980円(180分)の3コース。セルフサービスを取り入れることでコストを抑えたという。

 プラス1,000円で、ヴァイエンステファン・ヘフヴァイス、アインガー・ウアヴァイス、ヒューガルデンホワイトなど「プレミアム」な7種類の生ビールと10種類の瓶ビールが飲み放題になる。

 「ビール好きにはコスパの良さを分かってもらえると思う。西東京の拠点である町田で爆発的な集客を狙う。それから全国へ展開していきたい」(鷲見社長)とも。

 営業時間は17時~0時。オープン記念で、8月末日まで全コースを半額提供する。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

古物百貨店「A.T.P」代表の富岡栄二さん(右)と店舗スタッフ(関連写真
[拡大写真]

VOTE

あなたが読みたい記事はなんですか?

アクセスランキング