3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

ノジマステラ相模原、なでしこ1部残留へ正念場 千葉に惜敗

相模原の池上選手(中央)が決定的な場面でファールを受けてPKを獲得した。

相模原の池上選手(中央)が決定的な場面でファールを受けてPKを獲得した。

  •  
  •  

 女子サッカー「プレナスなでしこリーグ1部」第16節が9月23日、相模原ギオンスタジアムで行われ、ノジマステラ神奈川相模原はジェフユナイテッド市原・千葉レディースに0対1で敗れた。観客数は1055人。

 この試合を含めて残り3試合。10チーム中の暫定8位で残留圏ギリギリの相模原。対する千葉はカップ戦で優勝した強敵。試合はカップ戦同様、相模原がやや優勢に試合を運ぶも、後半立ち上がりに失点してしまう。

[広告]

 相模原はFWミッシェル・パオ選手と長身DF池上菜央選手を前線に投入し、前掛かりで攻め続けるとアディショナルタイム、池上選手がシュート体勢に入ったところでファールを受けてPKを獲得。これをFW南野亜里沙選手が蹴るも、相手ゴールキーパーの好セーブに阻まれて、試合終了。勝ち点を積み上げることができなかった。

 同節、9位のちふれASエルフェン埼玉が勝利し、相模原と勝ち点で並んだ。10位の伊賀フットボールクラブくノ一は敗れたが消化試合が1試合少ないため、残留確定はホーム最終節以降に持ち越された。

 相模原の次のホームゲームは10月7日、INAC神戸レオネッサと対戦する。

  • はてなブックマークに追加