学ぶ・知る

町田市立国際工芸美術館の工事費、30%上昇へ

町田市立国際工芸美術館の建設予定地

町田市立国際工芸美術館の建設予定地

  • 25

  •  

 町田市は3月開催の市議会で、芹ヶ谷公園(町田市原町田5)に建設する町田市立国際工芸美術館(仮称)の工事価格が約30%上昇するとの見通しを報告した。

[広告]

 市は、過去3回の施工業者選定の不調を踏まえて、建設プロジェクトのマネジメント会社と契約。コンストラクション・マネジメントで工事費や工期、工法などを見直し、工事の再発注に向けて検討している。

 議会提案する総事業費は約43億8687万円。昨年度の約33億3388万円から30%増額変更されている。

 検討の進捗(しんちょく)報告によると、工事の本契約を予定する12月時点での工事費概算は約40億円。労務費の上昇や能登半島の震災の影響から、工事費はさらに上昇する可能性があるという。

 市は今後、工事費を削減するために費用対効果の観点から現設計者と調整を行い、設計内容を見直す予定。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース