天気予報

16

3

みん経トピックス

相模原で造形集団PAW展J3相模原、創設10周年

町田ゼルビア、シーズン終了報告 天然芝整備を市長に要望

町田ゼルビア、シーズン終了報告 天然芝整備を市長に要望

左から丸山竜平強化部長、高原寿康選手、下川浩之社長、石阪丈一市長、相馬直樹監督、李漢宰キャプテン、井上裕大選手、唐井直ゼネラルマネジャー

写真を拡大 地図を拡大

 FC町田ゼルビアは12月4日、シーズン終了の報告で町田市長を表敬訪問した。

 表敬訪問には、下川浩之社長、相馬直樹監督、李漢宰キャプテンらが参加。今シーズンの戦いを振り返るとともに、練習環境の整備で町田市長の協力を求めた。

 J2リーグ2年目の成績は11勝14敗17分の16位、平均入場者数は4056人と昨シーズンを下回った。総得点53は昨年と同じだが、ホームで4勝10敗7分と勝ちきれない試合が多かった。

 下川社長は「他チームにマークされて苦しんだが、選手の頑張りで残留できた。昨シーズン合わせて30得点の鈴木孝司と中村祐也がケガで出場できなかったが、後半の復帰を信じてシーズン中に選手を補強しなかった。2人が5点ずつ取ってくれていたら順位は変わっていたと思う。相馬直樹監督が来季も続投することが決まり、チームとしてありがたい」と説明。

 相馬監督は「大敗しないチームになったが勝ち切ることができなかった。市民にスタジアムへ足を運んでもらえるよう、ホームでしっかり勝つために仕切り直したい」などと話し、サポートを求めた。李漢宰キャプテンら選手は人工芝の問題を訴えた。

 石阪丈一市長は、「人工芝の問題は大きいと実感している。努力したい。来年はホームでもっと勝てるように頑張ってほしい」などと話した。

 2020年のJ1昇格を目指す町田。J1ライセンスの取得には、町田市が計画策定中の1万5000人以上の観客席を備えるスタジアムのほか、専用もしくは優先的に使用できる天然芝のピッチ1面と隣接するクラブハウスなどが必要となる。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

ロックバンド「MOTORWORKS(モーターワークス)」のDVD「BRAND-NEW MOTOR SHOW」再発記念イベントが12月6日、タワーレコード町田店で開かれた。(関連記事
[拡大写真]

VOTE

あなたが読みたい記事はなんですか?

アクセスランキング