暮らす・働く 学ぶ・知る

相模原で「地域協働」環境イベント 「楽しく学ぶ」テーマに

昨年度出展の「エコドライブ・シミュレーター」の様子

昨年度出展の「エコドライブ・シミュレーター」の様子

  •  

 相模原市内の環境活動を紹介するイベント「さがみはら環境まつり」が6月24日、相模大野の「ユニコムプラザさがみはら」(相模原市南区相模大野3)で開かれる。

 14回目の今年は「楽しく学べるエンターテインメントとしてのまつり」「衣・食・住・遊びを通してエコライフの提案」「来場者、出展者、協賛者の交流の場」をテーマに据えて、地域で活動する市民、事業者、大学、行政が取り組みを紹介する。昨年は2500人が来場した。

[広告]

 当日は、TVKお天気キャスターくぼてんきさんの講演会のほか、クワガタ忍者による「虫クイズ」「忍者ショー」、使い古しのTシャツを使ったアートワークショップ、東京家政学院大学生活デザイン学科の教員と学生によるリサイクル工作教室といった子ども向けの企画も予定する。

 イベント事務局で相模原市立環境情報センターの高倉豪所長は「開催を重ねるごとに、市民や行政だけではなく地域の事業者や学校からの参加も増え、相模原市の自然環境の保全や環境教育に関する意識の高まりを感じている」と話す。

 開催時間は10時30分~16時。入場無料。