見る・遊ぶ

相模原の「ど根性ヒマワリ」  真冬並みの寒さも、ついに花開く

冬に咲いたヒマワリを見つめる鶴来さん

冬に咲いたヒマワリを見つめる鶴来さん

  •  

 相模原・城山ふもとの畑の一角で12月8日、ヒマワリが開花した。

大きく咲いたヒマワリ

 夏のヒマワリの「こぼれ種」が高さ1メートルに成長。これまでも花芽をつけることはあったが、開花は初めてという。「先週から一転して冷え込んだので、開ききれるか心配だった」と畑を世話する鶴来都さん。愛おしそうにヒマワリを見つめる。

[広告]

 無農薬で野菜を栽培しているため、虫が多いという。唯一輪の花には、たくさんの虫が集まっていた。

相模原町田経済新聞VOTE

あなたが読みたい記事はなんですか?