見る・遊ぶ

町田の郊外型TSUTAYAがリニューアル レンタル縮小「地域密着」強化

新設したコミュニティスペース

新設したコミュニティスペース

  •  

 TSUTAYA町田木曽店(町田市木曽西1、TEL 042-789-7712)が11月29日、リニューアルオープンした。運営はブラス(千代田区)。

TSUTAYA町田木曽店の外観

 同店は2003年開業。店舗面積は395坪。DVDやコミックなどのレンタル商材がオンライン上に移行するなか、商圏の人口構成の変化、ロードサイドの立地特性に対応するため、「地域の誰もが主役となる、出会いの場」をコンセプトに据え、リニューアルを行った。

[広告]

 店内は、レンタルスペースを約20パーセント縮小する一方、本と文具・雑貨の売り場を合わせて約30パーセント増床。新設した20坪のコミュニティスペースは大テーブル、キッズテーブル、ソフトドリンクの自販機を設置。リニューアル前は禁止だった店内飲食を可能にした。BGMはインストゥルメンタル曲に変えて、「居心地がいい空間」を目指したという。

 店舗1階に、町田ゆかりの作家やアーティスト、スポーツチームの商品を揃えるコーナーを設置し、インストアイベントも展開する。文具・雑貨、児童書や中高生向けの学習参考書を幅広く取り揃えたという。

 「TSUTAYAの商材に用がなくても人が集まる店にしたい」と加藤充店長。「朝はお母さんが飲食、昼は子どもが遊ぶ、夕方は学生が過ごせる、夜は大人がスポーツイベントを楽しむなど、多様な使い方をしてもらえるような機能を導入する」と説明する。

 「お客様の要望、時代に合わせて柔軟に店舗を変化させる。コミュニティスペースはライブやイベントをやりたい方にどんどん貸し出していく。ぜひ相談いただければ」とも。

 24時間営業。

相模原町田経済新聞VOTE

あなたが読みたい記事はなんですか?