見る・遊ぶ

東京五輪ロードレース「プレ大会」開催迫る 町田で関連イベントも

ロードレースのコース。町田市農業協同組合堺支店がある坂下交差点を左折する。

ロードレースのコース。町田市農業協同組合堺支店がある坂下交差点を左折する。

  •  
  •  

 東京2020オリンピック競技大会自転車競技ロードレースの1年前テストイベント「READY STEADY TOKYOー自転車競技(ロード)」が7月21日に行われる。

 本番と同様、武蔵野の森公園(府中市)を正午にスタートし、富士スピードウェイ(静岡県小山町)にゴールする、距離179キロで行われるレース。町田市(3.4キロ)と相模原市(30キロ)内のコースは、街なかの生活道路を高速で駆け抜けるロードレースならではの迫力が楽しめそうだ。

[広告]

 町田市内の選手通過は12時40分ごろから13時20分ごろ。その後、相模原市内に入り、国道413号で山梨県方面に向かう。

 参加チームは、ナショナルチームとコンチネンタルチームを合せて20チーム(7月11日現在)。世界ランキング1位のベルギーやイタリア、フランスなどロードレースの強豪国が出場するほか、イタリア国籍のコンチネンタルチーム「NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネ」から相模原市出身の初山翔選手が出場する。

 町田市内では、同大会を盛り上げるイベントがコース脇の町田市農業協同組合堺支店(町田市相原町)で開かれる。町田市在住のマスターズ金メダリスト・和地恵美さんの講演会のほか、町田産野菜の販売、模擬店、今野製作所による自転車の展示、ゆかたクィーンときものクィーンの納涼打ち水大作戦などを予定する。

 開催時間は10時~16時。入場無料。大会開催に伴い交通規制が行われ、大会コース及び周辺道路の混雑が予想されることから、町田市は自動車の利用を控えるように呼びかける。

  • はてなブックマークに追加