見る・遊ぶ

ラグビーW杯ナミビア代表、町田リス園を訪問 リスや市民と触れ合う

市民らと記念撮影するナミビア代表選手

市民らと記念撮影するナミビア代表選手

  •  
  •  

 町田市内でキャンプ中のラグビーW杯ナミビア代表選手が10月4日、町田リス園(町田市金井町7)を訪れた。

リスに餌を与える選手ら

 同チームと町田市民との交流イベントの一環。これまでにラグビー体験、日本文化体験を開いている。園内では、リスの餌付けと巣箱への絵付けを体験。夕方の穏やかなリスに対して、最初、やや緊張した面持ちだったが、徐々に慣れて子どもたちと一緒にリスと触れ合っていた。巣箱の絵付け体験では絵筆を持ち、ナミビア国旗の柄などを子どもや同園スタッフらと描いた。

[広告]

 訪れた市民やファンとの記念撮影やサインにも応じて、リラックスした表情を見せていた。町田市在住の家族は「にわかファンだけど、選手はとても優しくて、かっこよかった。応援したい」と笑顔で話す。

 選手らは、エールを送った約200人に感謝の意を表すとともに、ニュージランド戦に向けて「ベストを尽くす」と闘志を燃やしていた。

 町田市は10月6日、ニュージーランド代表vsナミビア代表のパブリックビューイングを町田市生涯学習センター(原町田6)で開く。開始時間は13時45分。

  • はてなブックマークに追加