暮らす・働く

相模原市内の路線バス「減便」へ コロナ禍の利用者減少受け

相模大野駅北口バスのりば

相模大野駅北口バスのりば

  • 117

  •  

 神奈川中央交通は10月24日より、相模原市内を走る路線バス34系統で減便する。

 コロナ禍による企業のテレワーク導入や大学のオンライン授業といった行動変容などの影響で、バス利用者が大幅減少したためのダイヤ改正。

[広告]

 運行回数と時刻を変更する系統は、相模原営業所管内=20系統、橋本営業所管内=14系統。相模大野駅北口~麻溝台~北里大学病院・北里大学(大59)、相模原駅南口~市役所~上溝(相12)などが含まれる。時刻変更のみ行う系統は、相模原営業所管内=7、橋本営業所管内=4。

 変更内容は各バス路線の利用状況を踏まえ、それぞれ異なる。相模大野駅北口~相模原駅南口(相05)は、11時・13時・16時~19時台で現状3本から2本へ、23時台は2本から1本になり、最終便が23時15分に繰り上がった。相模原駅南口~市役所前経由~上溝(相12)は、6時・19時~22時台で1本ずつ減便する。

 免許維持路線で週1本しか走らない淵野辺駅北口~登戸(淵24)は休日から土曜にダイヤが変わっている。

  • はてなブックマークに追加