見る・遊ぶ

相模原・西門に「鉄道模型」走行コース 旧東海道・御殿場線を再現へ

店内の様子

店内の様子

  • 216

  •  

 鉄道模型レンタルレイアウト店「トレインドリーム」(相模原市中央区相模原6)が1月26日、西門商店街でプレオープンした。

トレインドリームのスタッフ

 日本で主流の「Nゲージ」よりもサイズが大きい「HOゲージ(16番ゲージ)」の専門店。「国内のレンタルコース数はNゲージの約1/5しかないので、車両を持っていても走らせる機会が少ない」と店主の堅田寛さん。

[広告]

 堅田さんはクルーズ専門旅行会社を経営。コロナ禍で大打撃を受けたため、趣味を生かした新事業として取り組んだという。広い歩道と桜並木がある商店街の街並みを気に入り、レトロなショッピングセンター「グリーンバザール西門」内に出店した。

 コースは旧東海道本線時代の御殿場線をイメージ。「箱根越え」をコンセプトに据え、戦前の箱根越えの興奮を再現し、戦後の昭和の雰囲気を表現するという。コースは延長約23メートルの2線×2組(プレオープン中は1組)。コース設計とジオラマの専門家を招へいし、プレオープン中にコース制作を進める。

 12両編成が停車できるホーム、転車台、跨線橋などを設置予定。カーブの回転半径を75センチ以上、線路の高さを0.3ミリ単位で調整することで、「脱線しにくい」レイアウトにこだわった。

 プレオープンして約1週間、広域から来店しているという。大通りに面したガラス張りの店舗で、近所の子どもや高齢者が覗き込む。「西門はホビー専門店がいくつか立地している。もう少し増えると『街の売り』になると思う」と堅田さん。グランドオープンに向けて、「西門の桜が咲くころ、ジオラマでも桜並木を再現する」と意気込みを見せる。

 プレオープン期間は3月30日まで。営業時間は11時~19時。月曜・木曜・金曜休。祝日の場合は翌日休。レンタル費用は1時間1,500円。要予約。グランドオープン以降は、営業時間やレンタル費用が異なる。