見る・遊ぶ

町田に鉄道・風景模型ギャラリー、大型ジオラマで「Nゲージ」走行体験も

震災復興の願いを込めて三陸鉄道の「復興支援列車」をジオラマでも運行する

震災復興の願いを込めて三陸鉄道の「復興支援列車」をジオラマでも運行する

  •  
  •  

 鉄道・風景模型の製作販売を手掛ける「アトリエminamoジオラマギャラリー」(町田市原町田4、TEL 042-851-8085)が3月18日、町田文学館通りにプレオープンした。  

Nゲージが走る大きなジオラマを設置する店内

 店舗面積は約20坪。店内中央に大きな風景模型(ジオラマ)を設置し、縮尺150分の1「Nゲージ」のさまざまな列車を走らせる。鉄道模型を扱う会社で主に業務用ジオラマを製作していた模型作家の宮澤雅文さんが「家族に気をつかいながら部屋の片隅でこっそりと鉄道模型を楽しむ男性が多い。みんなで一緒に楽しめる空間を作りたい」と独立開業した。

[広告]

 ジオラマは、地上線4線と高架線2線を走らせることができる3.6×1.8メートルの初級者向けレイアウト、ループ線や大鉄橋付きで新幹線16両編成や湘南新宿ライン15両編成に対応するホームを備えた4.5×1.8メートルの上級者向けレイアウトの2台をレンタル。コントローラーで列車のスピードを変えることができる。車両持ち込みも可能。「好きな車両を走らせて、その風景を撮影すると楽しい。夜景も作る予定」。レンタル利用料金は1線1時間=600円。現在はオープン記念として1線20分=100円で提供する。

 店内には、ジオラマ製作スペース、物販コーナーも設ける。主な商品は、車両製品(1両700円~、モーター2,000円~)やオリジナルのジオラマキット(2,000円~)、建物模型、ポストカードなど。

 今後の展開について、宮澤さんは「ジオラマ製作教室を実施する予定。若い人や女性にも興味を持ってもらえるように敷居を低く、なおかつマニアにも満足してもらえる店にしたい」と抱負を話す。

 営業時間は、平日=12時~20時、土曜・日曜・祝日=11時~19時。計画停電の時間帯は休業。月曜・火曜定休(祝日にあたる場合は営業)。

  • はてなブックマークに追加