見る・遊ぶ

ノジマステラ相模原2021新体制 プロ化元年、初代王者目指す

上段左から、松本茉奈加選手、畑中美友香選手、北野誠監督、池尻凪沙選手、下山莉子選手。
下段左から、中山未咲選手、井上陽菜選手、脇阪麗奈選手、野島咲良選手、伊東珠梨選手。 写真提供:ノジマステラ神奈川相模原

上段左から、松本茉奈加選手、畑中美友香選手、北野誠監督、池尻凪沙選手、下山莉子選手。 下段左から、中山未咲選手、井上陽菜選手、脇阪麗奈選手、野島咲良選手、伊東珠梨選手。 写真提供:ノジマステラ神奈川相模原

  • 30

  •  

 WEリーグに所属するノジマステラ神奈川相模原は3月6日、オンラインで2021シーズンの新体制を発表した。

 設立10シーズン目、女子プロサッカーリーグ初代11クラブに加わるステラ。優勝を見据える3位以内を目標に、チームスローガンを「生々流転(せいせいるてん)」に設定。継続して変化し、歩みを止めることなく前進する決意を込めた。

[広告]

 監督は昨年に続き北野誠さんが指揮を執る。キャプテンは松原有沙選手、副キャプテンは大賀理紗子選手と平田ひかり選手が務める。現在の所属選手は21人。リーグが開幕する9月までに外国人選手も含めて計25人へ補強する予定。

 新加入は、GK池尻凪沙、DF=畑中美友香、伊東珠梨、MF=脇阪麗奈、井上陽菜、下山莉子、中山未咲、FW=野島咲良、松本茉奈加の9選手。昨シーズンから約半分の選手が入れ替わった。加入を決めた理由として、各選手は「トップリーグでプレーしたい」「熱いオファーをもらった」などを挙げていた。

 北野監督は「WEリーグ元年に監督ができることは光栄。今年は私が目指している、全員攻撃・全員守備のトータルフットボールをできる選手が揃った。1回だけのチャンスである初代チャンピオンを取りにいきたい」と意気込みを見せる。

 リーグ前哨戦となるプレシーズンマッチが4月にスタート。ステラのホームゲームは、浦和戦(4月29日)と大宮戦(5月29日)。「多くの選手の組み合わせを試したい」(北野監督)

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース