学ぶ・知る

「津久井の森林は今が旬」 地元クリエーター、木材普及フリペ制作

チラシ「ツリーズ フロム ツクイ」

チラシ「ツリーズ フロム ツクイ」

  • 80

  •  

 相模原市は4月下旬、さがみはら津久井産材をPRするチラシやカタログを発行した。編集は、市内の林業関係事業者で構成する「さがみはら津久井産材利用拡大協議会」。

 市内の森林面積は約1万9000ヘクタール。その多くを占める津久井の森林は植樹から50年以上が経ち、今が伐採適齢期。しかし、急峻な地形による木の搬出コストが高いことに加えて、コロナ禍の影響による消費低迷、木材価格の低迷などで、県の補助金に頼っている状況だという。

[広告]

 間伐で健全な森を保つことで、自然災害の被害防止や減少、二酸化炭素の吸収にも繋がることから、同協議会では地元産材の利用を促進するため、地元産材の利点や加工製品、住宅の補助制度などの周知に努めている。

 チラシは津久井在住のクリエーターに依頼。地元のデザイナーや絵コンテ作家、イラストレーターらが制作に加わり、木材を牛肉に例えてパック包装したり、4コマ漫画を作ったり、着ぐるみキャラクターを設定したりして、市広報紙とは一味違う遊び心あるフリーペーパー風のデザインに仕上げた。

 「『なにこれ?』と手にしてもらえれば」と森林政策課担当者。続編の発行も検討するという。

 チラシはA3二つ折り両面フルカラー。公民館や図書館で配布するほか、市ウェブサイトで閲覧できる。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース