暮らす・働く

町田の「東京・湯河原温泉 万葉の湯」開業へ-全面新築で規模2倍に

新設される足湯庭園のイメージ

新設される足湯庭園のイメージ

  •  
  •  

 町田に4月、「東京・湯河原温泉 万葉の湯」(町田市鶴間、TEL 042-788-4126)がオープンする。経営は、総合温浴施設を全国展開する「万葉倶楽部」(神奈川県小田原市)。

 同館は1997年、「万葉の湯」1号店として東名高速・横浜町田インターそばにオープン。国道16号の拡幅に伴い、建物を全て取り壊して新館を建設した。施設延べ床面積は約2倍となり、旧館にはなかった宿泊用客室や岩盤浴ルーム、足湯庭園などの施設が加わった。湯はこれまでと同じく湯河原温泉から専用の大型タンクローリーで毎日運搬する。「心も体も癒やされる万葉倶楽部独自の湯治スタイルを提供する」と同社。

[広告]

 施設は地上8階建て。207台収容の駐車場を設ける。主な施設は、露天風呂やミストサウナなども備える大浴場、貸し切り風呂、岩盤浴ルーム、足湯庭園・サンルーム、宿泊用客室、宴会場、食事処、インターネットコーナー、各種ウェルネス・ボディーケアなど。事業費は約40億円。初年度は入館者30万人、売り上げ18億円を見込む。

 営業時間は10時~翌9時。セット入館料は、大人(中学生以上)=2,400 円 、子ども(小学生)=1,250 円、幼児(未就学児)=950 円、3 歳未満無料。深夜料金(3時以降)の入館料は、大人=1,600 円、子ども=950 円、幼児=950 円。平日1泊1室2人利用時の宿泊料金は1人6,000円~。

  • はてなブックマークに追加