買う

日本初の「ドライブスルー書店」が閉店-テナント契約満了で

日本初のドライブスルー書店「久美堂書店旭町店」

日本初のドライブスルー書店「久美堂書店旭町店」

  •  
  •  

 町田市を中心に展開する書店チェーン「久美堂」(町田市原町田6)は5月31日、日本で初めてドライブスルーを導入した「旭町店」(旭町1、TEL 042-724-0303)を閉店する。

 同店は1987(昭和62)年オープン。自動車に乗ったまま本を購入できる日本初の「ドライブスルー書店」として話題となり、日本のマスコミだけでなくCNNからも取材を受けた。

[広告]

 「現社長がアメリカ留学中に目にしたドライブスルーの飲食店をヒントに、車いす利用者でも本を買いやすいように導入した」と同社の井之上健浩さん。店舗入り口に車いすとベビーカー用のスロープを設け、棚を低くして本を取りやすくするなどの工夫も施す。「メディアの影響もあり、多い日で20~30人の利用者があった」と振り返る。

 翌年にはドライブスルー2号店「本町田店」をオープン。自動車メーカーとのタイアップで自動車ショーやレーシングカーの展示会を行うなど、幅広い催事を展開した。しかし、最近では利用者が減り、常連や電話注文した人が利用しているという。

 閉店の理由はテナント契約期間満了のため。「現社長が初めて郊外に出した店。閉店するかどうか最後まで悩んだが、建物の老朽化も進んでいるので決断した。利用していただいている方には申し訳ないが、本店や本町田店を利用していただければ」と話す。

 営業時間は10時~22時。閉店まで文房具2割引の閉店セールを実施している。

  • はてなブックマークに追加