買う

小田急相模原でハンドメード作家の展示販売会-地元で活動する34組が出品

海福雑貨の店内

海福雑貨の店内

  •  
  •  

 地元で活動するハンドメード作家の作品を紹介する「オダサガ文化祭」が9月3日、小田急相模原駅ビル内「おださがプラザ」(相模原市南区南台3)で開催される。主催は、クラフト作品や輸入雑貨などを販売する海福雑貨(南区東林間3)。

 地域の活性化や参加者同士の交流を目的とした同イベント。相模原を中心に活動する作家やカフェ、ベーカリーなど34組が出展する。「当店で委託販売をしている作家で、実店舗は持たずにイベントや卸などで活動している人の参加が多い。小田急相模原と東林間の店にも出店してもらった」と店主の遠藤和海さん。

[広告]

 同店は2007年、イラストレーターでもある遠藤さんが小田急相模原の住宅街にある古い木造アパートの一室で開業。昨年まで週末のみの営業ながら、独特の世界観で人気を集めている。当日は、アクセサリーや雑貨、アート作品などを販売するほか、飲食の販売、ワークショップやギターライブも予定する。

 「初めてのイベントだが、出展する作家さんたちはえりすぐり。すてきな作品を生み出す方たちばかり。食べ物ブースもあるので、ぜひのぞいていただければ。公募の要望も多いため、次回以降は参加者にとってもよりオープンなイベントにしていきたい」(遠藤さん)。

 開催時間は10時~18時。

  • はてなブックマークに追加