見る・遊ぶ

新生「町田ゼルビア」、JFL開幕カード決定-ホームで福島と対戦

「注目に応えられるように頑張りたい」と町田JFC出身のルーキー齋藤翔太選手

「注目に応えられるように頑張りたい」と町田JFC出身のルーキー齋藤翔太選手

  • 0

  •  

 日本フットボールリーグ(JFL)の開幕戦が公表され、FC町田ゼルビアは3月10日、ホーム町田市立陸上競技場で福島ユナイテッドFCと対戦することが決まった。

 ゼルビアは元日本代表の秋田豊さんを新監督に迎え、「どんな環境でも勝てるチームづくり」に取り組む。トップチーム26人のうち新加入選手は14人。攻撃陣のメンバーが大きく入れ替わった。

[広告]

 JFL所属Y.S.C.Cとのトレーニングマッチ(2月2日)では、町田JFC出身のルーキーFW齋藤翔太選手(山梨学院大学付属高校)が持ち味のスピードを生かしたプレーでゴールを決めて勝利。AC長野パルセイロから移籍したMF向慎一選手がプレースキッカーを担った。

 「出だしは緊張したが結果を出せて満足している」と齋藤選手。「ボールを持っていないときの動きが課題。監督には試合前、ディフェンス面の指示を受けたが体が動かなかった」と試合を振り返った。

 ボランチのボジションで前線へのパスを供給した庄司悦大選手は「攻撃の起点となるように今の3倍くらいボールが集まるようにしたい」と課題を明かす。

 ゼルビアは2月11日より宮崎市などで11日間のキャンプを行う。秋田監督は「JFLを戦うためのベースをつくりたい。いろいろな戦術を試すともに、フィジカル面で遅れている選手のコンディションを上げる」と話す。

 キャンプ中は、天皇杯で対戦したガンバ大阪とのトレーニングマッチも予定する。「現状を確かめるためにも試合ができるのはありがたい。選手にもモチベーションになる」とも。

 JFL第2節は3月16日、相模原麻溝公園競技場でSC相模原と対戦する。

  • はてなブックマークに追加