3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

相模原にホットサンドメーンのカフェ、幼なじみが共同経営

店主の日比野恵美さん(左)、太田美保さん

店主の日比野恵美さん(左)、太田美保さん

  • 0

  •  

 ホットサンドや自家製ピクルスを提供するカフェ「cafe gocco(カフェ ゴッコ)」(相模原市中央区小山1)がオープンして5カ月が過ぎた。店主の太田美保さんは「友達の家に遊びに来たみたいと言われることが増えた」と手応えを語る。

主力のホットサンド

 店名は共同経営する幼なじみが、子どものころに「~ごっこ」遊びをしたことに由来する。2人の「忍者ごっこ」写真を飾った店内はノスタルジックな雰囲気。

[広告]

 店舗面積は約12坪。1階はカウンター6席、ソファ9席の計15席。和室12畳の2階フリースペースは、子ども連れでも落ち着いて過ごせるように絵本やおもちゃを常備する。「ゆっくり過ごしてほしいので、店内に時計は置いてない。ドリンクだけで閉店まで居てもらって構わない」

 主力メニューのホットサンドの中身は全て手作り。ミートソース、キーマカレー、タコサンド、野菜サンド(以上400円)、ツナメルト、ロコモーションサンド、アップルシナモンクリームチーズ(以上450円)をラインアップ。ドリンクセットはプラス400円。

 季節野菜に合わせて漬け込むピクルス(200円)、自家製パスタミートソース(季節のサラダ付き、700円)なども提供する。ドリンクは250円~。ホットサンドのテークアウトも可能。「街のたい焼き屋さんのような感覚で、学生の方にも気軽に立ち寄ってほしいので、テークアウトは50円安くした」

 1~2カ月に1回、あづま袋や風鈴などを子どもと作るワークショップも開く。「持ち込み企画や場所のみの提供もできるので、気軽に問い合わせください」と太田さん。

 営業時間は10時30分~17時。水曜・土曜・日曜定休。

  • はてなブックマークに追加