暮らす・働く

ダイエー相模原店が39年の歴史に幕 別れ惜しむ来店者

最後の営業を終え、シャッターを閉じるダイエー相模原店

最後の営業を終え、シャッターを閉じるダイエー相模原店

  •  
  •  

 スーパーマーケット「ダイエー相模原店」(相模原市中央区相模原3)が11月30日、閉店した。

 同店は1977(昭和52)年に開業。店舗面積は1万2,176平方メートルで区内最大の大規模小売店舗。建物の所有者はダイエー。完全閉店で、スーパーdaieiのほか、ザ・ダイソーやマクドナルドなど16の専門店も店を閉じた。

[広告]

 最終日は、「店内売りつくしセール」の買い物客でにぎわい、地下の食料品売場のレジには長い列ができた。最後の客が店を出たのは18時閉店の約1時間後。店の閉店を惜しむ大勢の人々の前で、店長があいさつした。

 「みなさんとお別れすることは本当に残念で、本当にさびしく、申し訳ない気持ちでいっぱいです。みなさまの家族の成長とともに、みなさまの生活に寄り添いながら、お子さまの入学式、運動会、卒業式、遠足やクリスマス、年末年始の行事に微力ながらも少しはお役に立てたのではないかと思っています。今後、この店が何になるかはまだ決まっていません。私の希望としては、また、この相模原の地でみなさまとお会いできることを願っています。本当にありがとうございます」などと話し、店員一同とともに深々と頭を下げた。

 店のシャッターが下りると、来店者らは拍手をおくり、「おつかれさま」「ありがとう」といった言葉を投げかけた。

  • はてなブックマークに追加