天気予報

15

2

みん経トピックス

小田急電鉄が新ダイヤ発表相模原3M施設20周年

町田の名物横丁「仲見世商店街」応援サイト公開 子ども向け企画も

町田の名物横丁「仲見世商店街」応援サイト公開 子ども向け企画も

仲見世商店街を取材する細井さん(左)

写真を拡大 地図を拡大

 町田の中心市街地に唯一残る横丁商店街「町田仲見世商店街」の魅力を紹介するウェブサイトが10月4日、公開された。

 仲見世商店街は、第二次世界大戦終戦2年後の1947年、二・六の市の空き地に「町田国際マーケット」として開業。1953年に現在の名称ヘ変わり、今年で70周年を迎えた。開業当初は物販店が占めていたが、現在は飲食店がひしめき合う。同様の横丁は再開発などで姿を消し、昔の町田の面影を残す名所になっている。

 「レトロな飲食店街という全体の印象だけではとらえきれない、個人店の店主のいま現在の魅力を伝えたい」とウェブサイトを立ち上げた「ナカヒト町田」代表の細井丈友さん。本業のかたわら商店街内の鮮魚店「マルハチ」で早朝バイトを始めたことが、きっかけとなった。

 コンテンツは、写真集「町田市今昔写真帖」や岡前商店(茶販店)が保管する歴史資料をもとに取材した「仲見世の歴史」記事を皮切りに、仲見世創業からの老舗店などを順次掲載。SNSも活用し、きめ細かく情報発信する。取材を断ることが多いという店主とも「マルハチでバイトしてます」という一言から会話が広がるという。

 商店街を活性化したいと、新たな客層を開拓するため、子どもに対面販売の魅力を伝えるイベントも企画。子どもが描いた仲見世の絵画作品展示、各店舗を紹介する紙芝居の制作と上演などを予定する。「SNSも紙芝居も経験ないけど、これからの挑戦だよ」と細井さん。「40を超える全ての店舗を紹介することが目標。ライフワークとして続けていきたい」と笑顔を見せる。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

オープン4周年を迎えた天国屋の定番メニュー「鶏白醤油麺」(関連記事
[拡大写真]

VOTE

あなたが読みたい記事はなんですか?

アクセスランキング