学ぶ・知る

町田市の小中学生がPepper活用提案 全国大会出場校の決定も

高齢単身世帯が増えることをふまえて、高齢者のもの忘れ防止や寂しさをいやすロボットを提案した南大谷中学校の発表の様子

高齢単身世帯が増えることをふまえて、高齢者のもの忘れ防止や寂しさをいやすロボットを提案した南大谷中学校の発表の様子

  •  

 町田市民フォーラム(町田市原町田4)で12月25日、人型ロボット「Pepper(ペッパー)」を活用したプログラミング教育の成果発表会が開かれた。

 ソフトバンクグループによる「Pepper 社会貢献プログラム」の一環。全国小中学校のICT教育におけるスマートロボットの活用方法を学校と一緒に検証することが目的。

[広告]

 今回が初の取り組みで、東京都では港区、狛江市、町田市の3自治体が選ばれている。町田市にはPepper150体が貸与され、中学校11校・小学校11校の計22校に複数台が常設された。

 成果発表会では、各校の生徒が、小中学生部門=「○○に役立つPepper」、部活部門=「○○を笑顔にするPepper」の各課題に沿って6分間プレゼンテーション。オリンピック会場や学校内の経路案内、単身高齢者を楽しませるアイデア、英語教育やアニメクイズなど多彩な提案を行った。

 最優秀賞に選ばれた本町田小(小学校の部)、本町田東小(部活動の部)、南大谷中(中学校の部)は来年2月の全国大会に出場する。町田市教育委員会の日向さんは「勝ち負けではないが、町田市の代表として学んだ成果をうまく発表してほしい」と期待を寄せる。

相模原町田経済新聞VOTE

あなたが読みたい記事はなんですか?