見る・遊ぶ

相模原で炎のパフォーマンス はやぶさ2「リュウグウ到着」祝う

手筒花火を吹き上げる様子

手筒花火を吹き上げる様子

  •  

 はやぶさ2のリュウグウ到着を祝う手筒花火が8月4日、淵野辺駅そばの鹿沼公園(相模原市中央区鹿沼台2)で行われた。

ファイヤーポールダンスのステージ

 地元の夏祭り「第30回大野北銀河まつり」の一環で、2013年に始まった「ムーンウオーク世界大会」に続く目玉企画。手筒花火は火薬を詰めた竹筒を人が抱えて行う。吹き上げる火花がロケット発射に似ていることから発案し、発祥の愛知県東三河から花火職人を招いた。

[広告]

 会場の野球場には1000人以上が来場。ロケット打ち上げのカウントダウンに合わせて、「発射」された花火は空高く吹き上がり、その迫力に驚きの声が上がっていた。

 ステージでは、リュウグウにちなんで、「乙姫 (音姫) だらけの音楽祭」も開かれた。*mika*さん、山内志織さん、川原那緒さん、町田ガールズクワイアなど女性アーティストが出演したほか、ファイヤーポールダンス「めりこ」さんが妖艶かつアクロバティックなパフォーマンスで観客を魅了した。

相模原町田経済新聞VOTE

あなたが読みたい記事はなんですか?