見る・遊ぶ

町田の大規模団地で「防災・アート」イベント、開催迫る

昨年の遊団地

昨年の遊団地

  •  

 町田市の大規模団地で3月9日、防災とアートをそれぞれテーマに据えた2つのイベントが開かれる。

昨年の団地キャラバン

 町田山崎団地では、キャンプやワークショップを通じて災害に備えるイベント「DANCHI Caravan(団地キャラバン)」が5年目の開催。主催はUR都市機構と団地自治会など。

[広告]

 「人・場所・時間を繋げる防災の輪」をテーマに据え、イベント会場各所を回るクロスワードパズルや、焚火を囲むサークルベンチなどいざという時の「つながり」を築き、体験する企画を2日間に渡って実施する。

 給水訓練や起震車等を体験する事で防災を学べるワークショップや、被災時には住まいとして活用できるテントでの宿泊体験やキャンプファイヤー、東日本大震災の様子を収めた写真展なども予定する。

 通りを挟んだ町田木曽住宅では、アートを切り口として団地の魅力を発信するイベント「遊団地」が2年目の開催。マルシェや音楽ライブ、立川晴の輔さんの落語会、フードドライブ、団地写真展などを繰り広げる。主催は町田パリオ。

 開催時間は、団地キャラバン=10時~18時(10日は16時まで)、遊団地=10時~16時。ともに入場無料。