学ぶ・知る

町田・相模原の地価、商業地で明暗 2019年地価公示

多摩地区の商業地価格4位「野村証券町田支店」前の通り

多摩地区の商業地価格4位「野村証券町田支店」前の通り

  •  
  •  

 国土交通省が3月19日に発表した今年1月1日時点の公示地価で、南町田グランベリーパークと橋本駅の周辺が上昇する一方、伊勢丹相模原店が9月に閉店する相模大野駅周辺は横ばいだった。

 対前年の平均変動率で、町田市は住宅地が0.1%(前年0.0%)、商業地1.6%(同1.3%)、相模原市は住宅地が1.2%(同0.8%)、商業地2.2%(同1.5%)。いずれも上昇率が拡大した。

[広告]

 町田市の商業地の平均価格は71万6,200円で26市中5位。住宅地の平均価格は15万6,400円で同21位。「商高住低」となっている。

 町田駅周辺では、多摩地区の商業地価格4位「野村証券町田支店」(町田市原町田6-3-9)が1平方メートル当たり267万円で前年より10万円アップ。同8位の町田駅前通り「薬マツモトキヨシ町田東口店」(原町田6-15-15)は同188万円で前年比6万円アップ。町田駅前通り「三徳ビル」(原町田4-1-7)は同176万円、ぽっぽ町田やブックオフなどが立ち並ぶ原町田中央通り沿いのビル(原町田4-5-8)は76万7,000円。

 相模原市内の商業地価格1位は、相模大野駅前の商業ビル(相模原市相模大野3-14-11)の94万5,000円(対前年0%)で平成25年以降の「微増」から「横ばい」になった。リニア中央新幹線の開業を控える橋本駅から約200メートルの商業ビル(相模原市橋本3-30-1)は44万7,000円(対前年8.8%)と大幅アップした。

 町田市内で住宅地の標準地80カ所の対前年変動率を見ると、プラス=19カ所、マイナス=18カ所、ゼロ=43カ所。上昇率が最も高かったのは今秋オープンする南町田グランベリーパーク周辺の住宅地で、前年より2.2%上昇している。

 「多摩地区では、住宅地としてブランド力のある地域、区画整理事業や駅前整備等の進展が見られる地域などで根強い需要がみられるものの、利便性に劣るバス便地域や傾斜地を造成した旧来の住宅地は人気が低く、需要が停滞している」(東京都)。

  • はてなブックマークに追加