食べる

町田駅前に高級食パン専門店 地元の広告会社が出店

マチダベッカリー外観

マチダベッカリー外観

  •  
  •  

 小田急町田駅近くに2月1日、食パン専門店「マチダベッカリー」(町田市原町田6)がオープンする。運営は屋外広告物などを手がけるアイワ広告(旭町1)。

マチダベッカリーの食パン

 同社が展開するベーカリーの2号店。高級食パンのビジネスモデルを採用する店舗が増えるなか、「町田にも需要がある」と見込んで商品開発した。「パン以上、ケーキ未満」をコンセプトに据える。

[広告]

 主力商品は、北海道産の小麦粉「ゆめちから」単一品種を使う食パン。天然酵母を使用し、完成までに十数時間をかけて作ることで、もちもちとした食感と風味を生み出したという。

 品揃えは、生食パン2斤(税別880円)、全粒粉食パン2斤(同760円)、レーズン食パン(同980円)、あんこマーブル(同)、季節限定や食べ歩きできる商品の提供も予定する。

 同社広報担当の高橋由樹さんは「町田の隅っこに1号店を開いて3年。パン作りの技術を培ってきた。安全の一歩上をいく安心にさらにおいしさを加えた。駅前に出店することで、より多くの人に食べていただきたい」と話す。

 営業時間は11時~20時30分(パンが無くなり次第終了)。火曜定休。

  • はてなブックマークに追加