3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

相模原のベトナム料理店、駅前移転 メニュー拡充

店内の様子

店内の様子

  • 125

  •  

 相模大野駅前にカジュアルベトナムレストラン「ハノイの台所」(相模原市南区相模大野3、TEL 042-705-6890)がオープンして2カ月が過ぎた。オーナーの飛田宇宣さんは「開業して間もなく、コロナの影響で休業せざるを得なかった。時間短縮で営業再開したが、今も閑散とした状態。駅前に活気が戻ってほしい」と話す。

人気メニュー「青菜とワニの炒め物」

 飛田さんは約1年前、JR町田駅徒歩圏の住宅地にベトナム料理専門店「リトルダイニング フォー」を新規開業。主力のフォーの味をレベルアップさせてきたという。営業時間の制約や、より多くの集客を求めて駅前への移転を決めた。「オープンした3月の夜は常に満席状態。皆さんに楽しんでいただけたため、順風満帆だと思っていたが、徐々に客が入らなくなった」

[広告]

 店舗面積は40平方メートル。客数は、テーブル14席、カウンター3席の計17席。インテリアは、「ベトナムの現地感があふれる」ように木材をアクセントに派手目なネオンサインなど使う。「前店は厨房(ちゅうぼう)の関係で主食をメインにしたメニュー構成だったが、ベトナムの活気あふれる飲食スタイルを表現したく、主食のフォーやご飯ものは少なめにして、前菜や料理、酒類を充実させた」

 メニューは、鶏肉や牛肉のフォー4種類にそれぞれクロックムッシュスタイルのバインミー(サンドイッチ)、揚げ春巻き、ドリンク、デザートが付くランチセット(900円~)のほか、ワニのから揚げ(600円)、バッファローウイング(同)、ベトナムチャーハン(スパイシーソイガー)、アジアンソーセージなどを取りそろえる。ドリンクは、ベトナムビール3種類(500円)、レモンサワー・カクテル(300円)、ベトナム産ラム酒など。夜は、居酒屋スタイルでカジュアルな東南アジア料理を提供する。

 テークアウトでフォーやカオマンガイ、ロコモコ丼、揚げ春巻き、バインミーなどを販売し、デリバリーも予定する。「21時以降は300円でカラオケ歌い放題を提供しているが、こういった状況なので見合わせている。平常に戻ったら、カラオケの点数に応じたドリンクサービスや食事代の全額無料サービスを再開し、面白いベトナム料理店にしていきたい」

 営業時間は、 ランチ=12時~15時、ディナー=17時30分~22時(通常は18時~23時)。火曜・水曜定休。

  • はてなブックマークに追加