見る・遊ぶ

相模湖の森にLED 600万球、「ポケモン」イルミネーションも

ポケモンイルミネーション

ポケモンイルミネーション

  • 62

  •  

 アミューズメント施設「さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト」(相模原市緑区若柳)で11月14 日より、イルミネーションイベント「さがみ湖イルミリオン」が開かれる。

さがみ湖イルミリオン

 広さ4万平方メートルの敷地に600万球のイルミネーションを配するスケール、空から眺めるイルミネーション、光の中で遊べるナイトアトラクションが特徴のイベント。12年目の今シーズンは、ゲームシリーズ「ポケットモンスター」の世界観を再現した新エリア「ポケモンイルミネーション」を展開。野生のポケモンが生息する世界を同施設の森や草原、池のなかで再現する。

[広告]

 期間中、イーブイとその進化系ポケモンのカラーで彩る全長250mの「虹のリフト」、36匹のポケモンをあしらった「観覧車」を運行するほか、焚火で暖を取りながら眠るヒトカゲやピカチュウの10万ボルトを体験できるフォトスポット「ポケモンストリート」、光と音楽が連動する「ピカチュウの光の森」などを設置。ピカチュウとの写真撮影会や限定ノベルティー進呈なども行う。

 今回のさがみ湖イルミリオンは第8回イルミネーションアワードで、イルミネーション装飾に加えて、映像やライティング技術、アトラクション施設、関連イベントなどの組合せが評価対象の総合エンタテインメント部門で2位。昨年のプロフェッショナルパフォーマンス部門2位に続いて受賞した。

 さがみ湖イルミリオンの営業時間は16時~21時。入場料金は、大人=1,000円、子ども=700円。1月5日までは毎日開催。来年4月4日まで。