見る・遊ぶ

SC相模原、高木監督指揮で再スタート 長崎と接戦

攻撃の起点となったユーリ選手 ©SC相模原

攻撃の起点となったユーリ選手 ©SC相模原

  • 23

  •  

 J2リーグ第17節、SC相模原はV・ファーレン長崎に0対1で敗れた。入場者数は1715人。

SC相模原の高木監督

 4日前に就任した高木琢也監督の初陣。相手は高木監督が2013年から6シーズン指揮したチーム。就任会見で高木監督が「アグレッシブなプレーをもっと増やしていきたい」と話したとおり、試合は相模原が前線で積極的にプレスをかけてショートカウンターを狙う。守備では、エジガル ジュニオ、都倉賢、カイオ セザールといった強力な攻撃陣を3本のシュートに抑えた。

[広告]

 試合を通して決定的なチャンスを与えなかったが、前半16分にイージーなミスで失点。相模原は14本のコーナーキックと13本のシュートと数字では相手を上回ったが、勝ち点を得ることはできなかった。

 試合後、高木監督は「選手は、これまで結果が出なくてネガティブ部分が多かったと思う。次に向かうプレーができたのではないか。ゲームモデルを理解し、再現性を持ってプレーしてくれた。攻撃、守備のオプションをひとつずつ増やしていきたい」などと話す。

 次のホームゲームは6月20日、東京ヴェルディと対戦する。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース